のむナギ成長日記

96年生まれのリアル-リアル-を描く。

メンバー脱退によせて

お風呂のない部屋に引っ越したのですが、引っ越す前よりお風呂に入る頻度が増えました。おひさしぶりです、の村です。

 

このブログの更新が途絶えてからもう8ヶ月が経つというから驚きです。熱心なの村ファンのみなさん、お元気でしたか?僕はあれからいろいろありまして、現在はザ・ラップキスというバンドを始めました。

 

本当にいろいろ、相当なエモ事件がたくさんあったのですが…それはのちのち書くとして、今日は「メンバー脱退によせて」ということで、ざっくりな説明にはなってしまいますが、ザ・ラップキス結成から今日に至るまでを振り返りたいと思います。最後まで、読んでくれよな。

 

ドラムの平野くんと知り合ったのは、僕がブログを更新しなくなって約1ヶ月後、8月の終わり頃でした。共通の知人である音響マンの友達に「誰かドラム叩いてくれる人いないかな」と相談しました。それで彼を紹介してもらいました。

東京に来て、初めてそんな風に人と出会ったので、ドキドキしました。

とりあえず2人でスタジオに入ってみようということになり、スタジオで僕の曲を聴いてもらい、平野くんがそれに合わせて叩く、という形でセッションしました。彼のドラマはパワフルそのもので、ものすごい迫力で、少しビビってしまいましたが、

「ぜひバンドに参加してほしい」

と伝えたところ、彼は快諾してくれました。ザ・ラップキス誕生の瞬間です。

 

その次に、ギターのたろおみくんと知り合いました。当時僕がバイト先で知り合ったカイくん(今回の宣伝動画も彼が編集してくれました。ありがとう)という男の紹介で知り合いました。僕が大好きな音楽を、彼は理解してくれました。家も近かったので、すぐに仲良くなって、なんだか夢みたいでした。

「ものすごい面白いやつと知り合えたな、東京に来て本当に良かった」

と思いました。でも、彼も自分でバンドをやっていて、曲が死ぬほどよくて、僕のバンドに誘おうという気はありませんでした。

 

そんな中、僕たちラップキスの初ライブが決まります。某美大の軽音部のライブに出演させてもらえることになり、僕らは練習に励んでいました。そのときベースは、僕の地元の友達(現在は同居在住)にサポートをお願いする予定だったのですが、彼の都合が悪くなってしまい、ベース不在でのライブになりそうでした。

そこで、たろおみくんに

「ライブでベース弾かない?」

と、ダメ元で言ったところ、彼は引き受けてくれ、初ライブを終えた後もしばらくベースとして、ラップキスの楽曲に大きく貢献してくれました。

 

しばらくして、ベースとしてゆうさくくんが加入し、なんだかんだでたろおみはギターになり、4人で活動を始めました(そのときの映像もYouTubeで確認できます)。

 

とまあ、僕は着々と仲間を増やしていったのですが、平野くんもたろおみもゆうさくくんも、それぞれ他の音楽活動があり、4人の都合を合わせるのもかなり難しく、なかなか集まれないようになってしまい、活動は停滞。全員がもどかしさを感じつつも、仕方のないことでした。

そこで一度ミーティングだけでもしようということになり、みんなで集まった際

2人から脱退したいとの旨を伝えられ、すごく驚きましたが、

平野くんは彼自身の前向きな未来に真っ直ぐ向かっているな、と思ったし、

たろおみにはそもそもサポートという形でお願いしたこと、それと僕ら自身彼の大ファンだということで僕とゆうさくくんも納得しました。

 

 

…というわけで!僕らはこれから2人で活動していくことになりました!

 

 

本当にすごく驚いたけど、でも、これからもラップキスのオリジナルメンバーはきっと大活躍するはず。だから僕は泣きません。僕らはとっても円満で、心配は無用だよ。

 

僕たち2人だけど!ピンチはチャンスだ!負けないぞ!という心意気で!活動してくので、見逃さないで下さい。ライブにぜひ来てください。詳細は僕らのツイッターなどをチェックしてください。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

それでは。