のむナギ成長日記

96年生まれのリアル-リアル-を描く。

美容師さんに笑われた話

 みなさんこんにちは、貝柱です。

 

 昨日は美容院で髪を切ってきました。上京して以来一度も散髪できずにいたのですが、ようやく切ることができました。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 僕が最後に髪を切ったのは上京する1ヶ月前なので、かれこれ2ヶ月ほど髪を切っていないことになります。なので髪が鬱陶しくて仕方なかったんですよね。というわけで家の近くの美容院を予約してみたというわけです。

 

 

 

僕は合計3年間、ずっとこのキノコ頭なので、美容院でどんな注文をすれば美容師さんに伝わりやすいか、というのを完全に把握しているんですね。例えば一番簡単な注文の仕方は

 

「なるべく丸くしてください」

 

 これですね。大抵の場合これで通ります。髪型で「丸さを極める」となると、もう大体マッシュですよね。マッシュにする場合、これはかなりオススメの頼み方です。

 ただ、この注文だと少しザックリしすぎていて、美容師さんによっては伝わらない場合もあります。そこで今回は、参考となる写真を用意しそれを美容師さんに見せるという方法を取りました。そのとき見せた写真がコチラ

 

 

 

f:id:nmds_1616:20170627205819j:plain

『ここに脳みそが入ってるの!』 

 

 

 みなさんご存知、元SMAPの中居くんですね。デレステのCMなんですが、初めて見たときから「次、美容院に行ったらこれを頼もう」と決めていました。なので予定通りこの写真を美容師さんに見せ、お願いしたというわけです。

 

 

 …なんですが、何やら美容師さんたちの様子がおかしいんですよ。シャンプーしてくれたおねえさんが明らかに笑いをこらえていたり、担当してくれたおにいさんが「本当にいいんですか?切りますよ?」としつこく確認してきたりして、明らかにバカにされている雰囲気だったんですよね。僕が「もっと前髪短くして下さい」などと注文を付け加えるたびに仲間のところへ行って相談していたのでおそらく

 

「おいまだ短くするらしいぞ」

 

「ヤバ、床屋に行けよな」

 

「てか普通に顔がウケる」

 

みたいな会話をしていたに違いありません。それに気づいてしまった僕は若干イラッとしましたが、そこは僕も大人です。シャンプーのおねえさんと打ち解けるため

「僕の髪型そんなにおかしいですか〜?」

と、朗らかに質問を投げかけました。するとおねえさんは吹き出しそうになりながら

「なんでもないですッ!ップ!」

とのこと。俺の質問に答えろよ。

 

 

 まあいいんですけどね、彼らは僕の高すぎる美的センスについてこられなかったのでしょう。馬鹿にされていたとも限らないし、ムスッとした接客を受けるよりずっとよかったと思います。そんなこんなで完成したのが…

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BVzZkn3hQQs/

卓球部ヘア

 

 

こちらですね。中居くんの髪型とは少し違いますが、なかなか気に入っています。しばらく前髪は切らなくても良さそうですね。

 

 

 施術が終わり、僕を担当して下さったおにいさんが

「こんなスタイルにされる方なかなかいないんでやってて楽しかったッス!

あ、一応写真撮ってもいいスか?

と言ってきたので快くOKしたのですが、今思えば、絶対にLINEで友達に送ってバカにするためですよねドチクショウが。

 

 

 地元の美容院では別に普通に受け入れられていたんですけどね。美容院を変えたときも富通だったし、毎回何食わぬ顔で注文していたし。まあでも、確かに僕も悪いですよね。被害妄想が激しいというか自意識過剰というか。いつでも自分の常識が通ると思い込んではいけませんよね、反省しました。これからはもっと謙虚かつフレンドリーに美容院を利用したいと思います。それにしても不愉快だったなオイ。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 何だかとっても愚痴っぽい日記になってしまいました。申し訳ありません。みなさんも「ロック・リー・ヘア」になる際は気をつけて下さいね。

 

 

 

f:id:nmds_1616:20170627213523j:plain

『てかこの画像見せればよかった』

 

 

 

 

 

 

 それでは。