のむナギ成長日記

96年生まれのリアル-リアル-を描く。

ブログを始めて感じたこと

「いつも心にパリジェンヌ」。どうも、の村です。

 

ブログを始めてから1週間くらいは、毎日投稿していた僕ですが、この頃はどうも上手くいきません。

 

 

「いやサボってるだけだろ」

 

「スランプ?早くない?」

 

「そもそも誰も見てないから(笑)」

 

「たった2週間で、こんなに大きくなりました!」

 

とかとかね。皆さんそんな風に思われるでしょう。まあなんかね〜自分の作ったものを人に見せるって体力いるんだなって、気づきましたよ。

 

自分ひとりで面白いことを考えてるうちは、ある程度未完成でも問題ないですよね。「いつか完成すればいっか」とか「これはこれでいい」とかね。自分でしか評価しないわけですから。

 

しかし人に発表するとなると話は変わります。「こうしたらどう思われるだろう」「こう言ったら受けるだろうか」とか、第三者の視点がどうしても出てきますよね。それは客観的であって、良いことのように思えますが「創作」にとって非常に危ういことでもあるのです。好きではじめた「創作」が、誰かの為にする「仕事」のようになってしまうわけですね。

 

 そうなると肩に力が入っしまい、自由な心が失われてしまいます。僕は今そういう状況です。こんなこと今までなかった(文章はともかく、曲に関しても人に聴かせたりすることは今までなかった)ので、僕自身非常に戸惑っています。

 

 

まあ、たぶん気持ちの問題なんでしょうけど。この程度の規模のブログでこれだけ悩んでしまうとは、僕って相当自意識過剰なんだと思います。気にしすぎ芸人。しかし、こういうトラブルを乗り越えてこそ一流の表現者になれるんだな、とも思いますので、ペースが落ちても続けていくつもりです。未完成な曲も溜まっているので、早く世間に届けたいですね。精進いたします。

 

 

それでは。