のむナギ成長日記

96年生まれのリアル-リアル-を描く。

眠れないぞ

昔ラーメン屋さんでバイトしていたときお客さんに「ウーロン…ひとつ!」と注文されウーロン茶なのかウーロンハイなのか聞き取れず「ウーロン茶ですか?」と聞き返したところ「ハイ!」と答えられ余計に分からなくなってしまったことがあります。こんばんは、の村です。

 

 

f:id:nmds_1616:20170606022309j:image『注文はハッキリと大きな声で』

 

 

 

結局一か八かでウーロン茶を出したのですが、正解はウーロンハイでした。そもそもラーメン屋さんでウーロン茶もウーロンハイも出さなくていいんじゃないでしょうか(ブチギレ)。ちなみにこの写真は高校生のころ横浜に遊びに行った日の写真ですね。日記とは関係ありません。

 

 昨日、というか6時間ほど前にブログをアップしたばかりなのにもう記事を書いています。何故かって?眠れないからです。近頃生活リズムが乱れているせいでしょうか。

 

 

 眠れない夜。誰にでもそういう経験はあるでしょう。しかし眠れないと困ってしまうのも事実。ならばあらかじめ「眠れない夜」のパターンを学習しよく眠れる人になろう!というのが今回のテーマです。

これには色々なパターンが考えられますが、まず一番ベタなのは「修学旅行の前の日の夜」でしょう。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

修学旅行の前の日の夜

修学旅行の前の日に一切ワクワクしない生徒なんていないんじゃないでしょうか?「明日からに備えて寝よう!」と思っても全く眠れませんよね。何なんでしょうねアレ。その結果、集合写真に写る自分の顔がブサイクなたれぱんだのようになってしまうというのもお約束です。あるいは当日の朝寝坊してしまいバスに遅れて学年全体を待たせてしまう、ということもあります。僕です。

人によっては文化祭や体育祭、全校オセロ大会の前夜もこのように眠れない場合があるようです。

 

 

『可愛いたれぱんだ』

 

 

 

というかたれぱんだを覚えてる人ってどれくらいいるんだろう。

 

 

告白された日の夜

他の眠れない夜といえば「告白された日の夜」でしょう。これも鉄板ですよね。

「大好きなあの人から告白されちゃった♡しかもずっと前から両思いだったなんて…シアワセ!ウレシイ!トノサマバッタ!」

こんな気持ちではドキドキしてしまって眠れるはずもありません。確実に眠れない夜です。しかし残念ながら僕は生まれてこの方告白などされたことがないので、これが本当なのかどうか分かりません。が、「もしあの子に告白されたら…」という妄想をしていたら朝が来ていたことがありますので、これもほぼ間違い無いと言っていいでしょう。爆ぜろリアル。

 

 

 

はい。ここまでは代表的な2つの例を取り上げたわけですが、どちらもかな「ロマンチックな眠れない夜」ですよね。しかし、時にはちっともロマンチックでない場合もあるでしょう。例えば、

 

 

 

 

パソコン室のパソコンでエッチな言葉を検索しちゃった日の夜

ビクッとした男性、ざっと見積もっただけでも80ダースはいるでしょう。本当にこれは眠れませんよね。「パソコンのことはよく分からない。でも、エッチなことは気になる」といった小学生男子特有の性質からこのような夜が生まれてしまうのです。

 

f:id:nmds_1616:20170606032700p:image『あくまで慎重にだ。慎重にいこう。』

 

家のパソコンで調べたら怒られそうだし図書館とかもちょっと…そこで友達と一致団結、先生の目を盗んでエッチな言葉を検索してしまうわけです。すると、みんなよりもちょっとだけパソコンに詳しいヤマシタくんが

「これって調べた言葉が"りれき"にのこるんだぜ?」

と一言。一同絶句。急いでパソコンを強制終了しビクビクしながら下校、家に帰ってからも怖くてたまらない。家の電話が鳴ろうものなら、それは学校からの「死刑宣告~Death Sentence~」としか思えない…ヒィッ…なんて話は全国どこにでもあるでしょう。もう!男子ってほんとにフケツ!

…というか、今どきパソコン室って先生が全員のパソコンを監視できるよね。しかもよくできたフィルタリングとかあるよね。つまりこれは僕が小学生だった当時のパソコン室のスペックによるものだと思われますので、今の男子小学生はきっと家でiPod touchとかを使って検索していることでしょう。か が く の ち か ら っ て す げ ー !

 

 

 

いきなりちょっと限定的すぎましたね。次はもう少し視野を広げて考えてみましょう。 

 

 

 

 

スポンサードリンク 

 

 

人生の意味を考え始めてしまった夜

こちらは人類始まって以来、圧倒的によくある眠れない夜でしょう。なぜなら未だに明確な答えはないのですから。これぞ哲学。

 

f:id:nmds_1616:20170606033902j:image『カラフルな正三角形』 

 

「人は何故生まれ何故生き、そして死ぬのだろう。本当に意味なんてあるんだろうか。」

などと急に考え始めるのです人間という生き物は。ついさっきまでツムツムとかやってたくせに。急すぎるよ人間。しかし、こういうことを考えるのは良いことだと思いますよ!あなたはもしかして哲学者に向いているのかも知れません。ちなみに、僕が中学生くらいのときにたどり着いた結論は「意味なんか ないさ暮らしがあるだけ」でした。

 

 

前の日に18時間くらい寝た日の夜

そもそも寝ようとすんな。

 

 

悪夢にうなされる夜

 これはかなり深刻な眠れない夜です。一度寝付いたものの夜中に何度も起きてしまう、というパターンでしょう。醤油で溺れて死ぬ夢、水槽で小鳥を飼ったら死ぬ夢、チップとデールに「俺たちの見分けくらいついてんだろうな?」と問い詰められる夢など、見る夢は様々でも睡眠の敵であることに変わりはありません。これに関してはなるべく見ないように願うしかありませんが…

 

 

8月31日の夜

スラムダンクの再放送ばっか観てたからや節子。

 

 

イボ痔の人

お大事にして下さい。

 

 

 

f:id:nmds_1616:20170606040410j:image『今この瞬間も、どこかで誰かが眠れない。』

 

いかがだったでしょうか。みなさんにも経験があるものばかりだったのでは?

しかし皆さんはもう「眠れない夜のパターン」をほとんど把握しています。これから先大切な用事などの前日にはこの記事を思い出して「眠れない夜」を回避してみて下さい。しかしどういうわけか僕は未だに全く眠くありません。もうほとんど朝です。同居人の寝言をすでに15個は聞きました。因みに今夜のベスト・オブ・寝言は「ああ、写真は撮りたいよね綱吉」でした。この記事で少しでも眠れない人たち救えたらなと思っております。まあ別に、無理に寝なくてもいいじゃn(ry。というわけで皆さん、おやすみなさい。

 

 

それでは。