のむナギ成長日記

96年生まれのリアル-リアル-を描く。

日記をはじめるぞ

地球人のみなさん!はじめまして!

20歳、独身、男性、その他の肩書きは特にありません。

申し遅れました、

" の村 " と申します。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

この度、はてなブログにてブログを開設させて頂く運びとなりまして、ご挨拶申し上げます。やっほー。

 

いきなりですが、

「なぜにブログ?古くね?」

そう思っている方も多いのではないでしょうか?多いと思います。てか多いですよね絶対ね。

しかしこれにはすごく深いワケがあるのです。

説明しましょう…

 

 

僕は愛知県生まれ。地元の大学に進学し、ずっと実家暮らし。先週までは実家に住んでいました。がしかし!

「大学なんて行きたくねえ〜大学芋はすきだけどお〜」

などとボソボソ呟きながら入学式に出席した僕にとっては、大学生活は悩みのタネでしかありませんでした。

僕が2年間でゲットした単位の合計、なんとたったの…

 

 

\ 8 /

 

(大学のシステムを知らないお子さまのために分かりやすく昆虫で例えると、

早朝4時から虫取りに出かけて夕方までにカナブンしかゲットできなかったみたいな感じ、しかも茶色の羽が出てるやつ)

 

 

まあ、ぜんぜん行ってなかったんですね。

開き直るというわけでもなく、なんとなくずっと「やだなあ」という感じで過ごしていました。

そして今年の1月ごろに大学を辞めました。

もともと高校生の頃に「オイラ卒業したらバンドをやるんだい!」なんて高らかに宣言していたりしたので、大学に行く気なんてさらさらなかったんですよね。

 

卒業間際になって、案の定父親ににブチギレられました。僕なりにかなり抵抗したつもりだったんですがそれも通じず、最終的に僕が折れて地元の大学を受験→なんとか入学、みたいな感じでニュルッと大学生になってしまったんですね。(そうだとしても8単位はさすがにマジでシャレにならないので友達とかにもずっと隠していた)

 

ずっと辞めたかったので後悔はほとんどしなかったのですが、その後のアテなど全くなかったの村青年は人生最大のピンチに陥ってしまいました。

 

バンドを組んでいたわけでもなかったし、就職しようってわけでもなかったんですね。逃げるように、ただただ辞めました。

 

「はあ〜いつてぃのかっなあ〜あしたてぃのっかなあ〜的日々」が始まったんですね。部屋で24時間くらいポケモンとかやってたもんなあ。ポケモンだけはめっちゃゲットできたんですよ(うるさい)。

母曰く、「泣いているのか笑っているのか分からないような声で叫んでいたから様子を見に行ったら寝ていた」そうです。こっわ。

 

そんな通夜モードなある日、高校時代の友達(東京の大学に通ってる)に電話で僕の今後について相談してみたところその友達に

 

「東京に来てバンドやってみれば?」

 

と提案されました。

僕は目からはウロコが、つま先からはインコがこぼれ落ちました。

 

その後早速計画を開始し、5月の下旬に千円札を約2枚ほど持って上京。現在はすでに彼の部屋に住んでいます。ルーム・シェア(或いはヒモ)というやつです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

「前置きが長すぎるよ!」

「その話は2017年の日本におけるはてなブログ開設の意義とどう関係があるんですか?2位じゃダメなんですか?」

「お前はウンコにたまに混ざってるコーンかっ!」

「ぶち殺すぞ…?」

みたいな野次が聞こえてきそうですがみなさん大丈夫ですか?まだ読んでますか?なんか本当ごめんなさい。

 

そんな短気な皆さんのために簡単に説明すると…

 

 

『 上京を機に日記を始めようと決心し、引っ越す前に日記帳をわざわざ購入したのに、まだぜんぜん書いてないし書く気配も無い!やばいどうしよう…そうだ!もうこうなったらブログを始めたれい!やったぜ!ざまあみろ高校球児! 』

 

 

…ってなきっかけでブログを始めることにしました。

分かりやすいね!(もうつかれた)

 

 

異常に疲れたので今日はこれでおしまいです。ここまで読んで下さったあなたはとっても素敵です!明日はリポDを2本飲んでもいいことにします!謝謝。

次回からは上京直後の出来事や、今回語りきれなかった僕の過去について書いたりしちゃったりするつもりですので、是非ともまたお越し下さい。

 

それでは。