のむナギ成長日記

96年生まれのリアル-リアル-を描く。

【必見】「後輩ヅラ」のススメ

みなさんお久しぶりです。「経験豊富な赤ちゃん」こと、の村です。

 

 

f:id:nmds_1616:20170726081257j:plain 『?』

かれこれ2週間ほどブログをサボってしまって申し訳ありません。バイトしたり地元から友達が遊びに来たりして、そこそこ忙しくしていました。ようやく更新できたなという感じです。結構いろんなことがありました。

 

 

 

スポンサードリンク

早いもので僕が東京に引っ越して来てからもう2ヶ月が経ちました。当初の予定ではもう一人暮らしを始め、バンドもガンガンに活動しているつもりでしたが、なかなかそう簡単にはいきませんね。何事もコツコツとした努力が大切です。というわけで、この頃はもっぱらアルバイトをしているわけですが、アルバイト中にひとつ気がついたことがあるのでブログにしたいと思います。それでは早速タイトルコールお願いします!

f:id:nmds_1616:20170726081604j:plain

とっても大きな声で叫んでくれました。アギト君ありがとう。

僕はこれまで数々のバイトを始めては辞めてきたのですが(その数およそ15件)、その度新人として働き始めるわけじゃないですか。つまりその職場で一番後輩な訳ですよね。なので僕は大抵のバイトをマックス後輩の状態で辞め続けてきたので、いかにこの「後輩ヅラ」が大切かをよく知っています。というわけでこれから新しいバイトを始める人に向けて、後輩ヅラのススメを伝授したいと思ったわけですね。

 

※この記事における先輩・後輩という表現は、主に若者がアルバイトをする場合においての意味合いが強いです。しかしながら部活動や会社でも十分応用できるよう構成されていますので安心して読み進めてください。

 

後輩ヅラとは?

よく「先輩風を吹かせる」とか「先輩ヅラをする」という言葉は耳にしますよね。つまり今回はその逆「後輩ヅラ」を身につけよう、というわけです。みなさんとしては「あ?」というお気持ちでしょうが、もう少し我慢して下さい。説明します。

 

どういうことかと言いますと「自ら積極的に後輩であろうとする姿勢」を後輩ヅラと言います。具体的には

  • 誰に対しても常に敬語で話す
  • やる気はあるが経験不足ゆえの失敗をする
  • 先輩が謎の持論を展開してきても「分かります」と言う

などなどです。なんとなくつかめてきましたか?とにかく後輩であることを前面に押し出すことが大切になってくる、とだけ言っておきましょう。

 

それではこの「後輩ヅラ」がどんな場面でどう活躍するのか、みなさんの生活によくあるシチュエーションで解説していきたいと思います。

 

敬語は基本中の基本

後輩といえば敬語でしょう。みなさんも普段から敬語を使う場面は多いと思います。学校の先生、バイト先の店長、よく知らん気まずい親戚のおっさん等々、日本において敬語で話すことを強いられる場面は非常に多いです。しかし「後輩ヅラにおける敬語」はまたひとつ別なテクニックが必要でして、例えば

「やります!」

ではなく

「やるッス!」

に変換して下さい。ね?うざいでしょ。こういう漫画のキャラいますよね。確実に先輩にイラっとされるのでオススメです。「煽りか?」と思われるくらいがちょうどいいんです。なにせ後輩"ヅラ"なので。

 

ちなみに僕は某吉野家でバイトしていた当時、5つ年下のフリーターの方に終始ガチガチの敬語でした。すごく気に入られました(2個上だと思ってた)。

 

 

分かっても「分かりません」と言う

アルバイトや部活を始めると、はじめにいろいろと説明を受けます。「ハサミはここに戻してね」とか「この順番で炒めるんだよ」とか「あのお客さん毎日リンゴ買って行くんだけど死神でも飼っているのかしら」とかとか、とにかく最初は覚えることが多いです。しかも、先輩みんなが別々に同じことを言ってくるので、なんだか嫌になってきますよね。「あ、それもう知ってます僕」と毎回言うのも面倒ですし、偉そうな態度だと思われてはマズイので、すでに教わったことを言われても

「そうなんですね〜分かりました!やってみます!」

というように、健気な新人を演じましょう。こうすることによって全ての先輩に「俺があの新人を育てた」という自信を与えることができ、かつ自分の献身的な一面を見せつけることができます。かなり重要な後輩ヅラテクですね。

 

僕の場合誰に教わったかすら覚えていないので、一度教わった先輩に「これ分からないんですけど〜」と言ったらクソデカイため息をつかれました。注意しましょう。

 

基本はこの2か条ですね。この2つを守っていればまず大丈夫でしょう。「あいつまだ仕事できないけど、新人くんなりに頑張ってるなぁ」という印象づけはバッチリです。

 

この2か条を踏まえた上で、次は応用編です。少し上級者向けかな?

 

新たな後輩が入ってきたら辞める

即です。即やめましょう。なぜなら彼はあなたよりも頭が良く顔も良く声も大きいからです。親というのは大体妹とか弟のほうを可愛がりますよね?その理論で先輩たちも僕らが新人だったことなんか忘れて「おい早くやれよボケカス使えねえバカだなてめー殺すぞ」と言ってきますので、たまったものではありません。そいつをブン殴ってクビになるのが理想ですが、世の中そう甘くないのでやめておきましょう。

 

しかし、この掟には例外があります!

 

その後輩にすら後輩ヅラを貫けるほどツラの皮が厚い人の場合、そのバイトを継続してもオッケーです。あなたの後輩としても「この先輩、記憶喪失の人かな、なら俺がもっと頑張るしかないな」となり、あなたへの負担はグッと減るでしょう。とは言え、やはりかなりの上級テクニックであることはお忘れなく。

 

 

 

スポンサードリンク

いかがだったでしょうか。いかに僕がバイト先での人間関係を放棄してきたか後輩ヅラに対して真剣か理解頂けたでしょうか。こんなんだからバイト先で友達とかできないんだよな〜。だからすぐ辞めてしまうんだろうな〜(いいえただのクズですごめんなさい)。「こんな記事書いたら好感度下がりそう」とか思ったけど、ウンコもらした話とかしてたくらいだしな、隠しても仕方ないしいいです。自ら恥部を晒してこそ本物の露出狂だと思うので(?)。

 

 

というか、今まで僕が経験したバイトの話をすればよかった!と今更思ったので、いずれそういう記事も書きますね。お楽しみに。

 

 

それでは。